HOOKING 三重県伊勢志摩ルアー釣りサイト - シーバス自己新記録

Home > REPORT | シーバス | 南伊勢 > シーバス自己新記録

シーバス自己新記録

このところ仕事がかなり忙しい。
平日は、22時過ぎまで残業、休日も出勤だ。
しかし、釣師たるもの、仕事の忙しさを理由に釣行を怠ってはならない。
本日も仕事であったが、なんとか満潮の20時30分に間に合うよう、終わらせた。
職場を出ると、結構な雨が降っている。
なんだか出そうな感じだ。

場所は、このところ65cm、71cmと連続で上げている南勢町の海岸。
現地に満潮20分前に到着。

年初にパームスSGP86Lを折ってから、10.6ftのGATEで攻めているが、長すぎてピンスポットのキャストが決めにくい。
そこで、今日は、倉庫の隅に眠っていた、ABUのSEASIDESTICS-SS802を引張りだしてきた。
このロッドは、シーバスゲームをやりはじめた頃購入した、思いで深いものだ。
ラインは、いつものPE1号+40ポンドリーダー。
ルアーは、とりあえずコモモ(レッドヘッドホロ)とする。

先週に71cmを上げた場所は、中潮ということもあり期待薄。
よって、流れ込み付近から攻めるが、ここも水位が低く当りすらない。
時間を見ると、地合いの満潮一杯である。

20020202seabass.jpgルアーを、パニッシュ8.5cmとする。
狙いは、半径50cmの捨石際のピンスポット。
こういう時は、やはり短めのロッドがいい。
いいところへ入り、捨石を通過するあたりで、小さめの「コン」というバイト。
スイープ気味にHOOKING!乗った。
竿がライトな短めなので、無理に寄せずゆっくりとファイトする。
小さいかなと思ったが目の前で激しいエラ荒いをかまされる。
「なかなかのサイズ!」
慌てずに竿でためる。じっくりじっくり寄せて、ハンドランディング。
恥かしながら、自己新記録を1cm上回る73cm。やりました!(^^ゞ

フックを外した後、リリースをするが、横になって動かない。
少しでも酸素が吸えるよう、頭を潮上に向け、しばらく待つ。
やってしまったか?と思いかけた5分後、少し起こしてやると、急に元気になって泳いでいった。
やり取りに時間をかけたので、少しダメージが大きかったようだ。
リリースで水に手をつけていたので、感覚がなくなってしまい、納竿とした。
毎年ながらこの時期は、シラスを意識した小さめのルアーの方がいいようだ。


Comments:0

Comment Form

Home > REPORT | シーバス | 南伊勢 > シーバス自己新記録

Search
Feeds

total
today yestarday
since 2004.9.28

Return to page top