HOOKING 三重県伊勢志摩ルアー釣りサイト - 潮岬で青物狙い

Home > REPORT | 尾鷲・熊野・南紀 | 青物 > 潮岬で青物狙い

潮岬で青物狙い

20020810umi.jpgショアからの青物を求め、釣友と南紀へ遠征。
ポイントは、ヒラマサが好調!との声が聞かれるマキ崎。
金曜日、仕事を終わらせ、20:30に出発。翌日、1時過ぎに潮岬に到着。
少し漁港を覗いた後、仮眠。暑さであまり寝ることが出来ないまま、起床の4時半を迎える。
タックルの準備をして、磯へ向かう。
薄暗い山道を感にたよって、歩いて行くと、なんとか磯へ降りることが出来た。
海に向かって右側の磯には、既に5~6人のアングラーが居たので、左側の場所へ向かった。
足場もそこそこで、結構良い感じの場所が空いていたので、そこで釣り開始。
そこそこのウネリで良い感じである。

まずは、ポっパ―で探りをいれるが、何の反応もない。
そこで、ミノーに替え、ガンガンと投げまくるが、一向にあたらないし、チェイスさえない。
睡眠不足に加え、超ヘビータックルなので、体力の消耗が激しい。
小休憩を入れながら、9時頃まで探るが結局、魚からの反応を得ることが出来なかった。

20020810umi2.jpgいったん磯から上がり、休憩&昼寝をした後、他のポイントを覗きに行く。
道路沿いの漁港で、ライトタックルに持ち替え、ミノーをトッチすると小さいながらメッキがヒット。
とりあえず、初メッキをキャッチし満足したので、またまた青物狙いに。

場所の選択に迷ったが、とりあえず、潮岬の先端部分(芝生広場の下)の磯に入る。
この磯は、かなりハードで釣りというよりロッククライミングってな感じの場所。体中から汗が噴出す。
なんとか、竿を出せそうな場所にたどり着いたので、キャストを開始。
しかし、この場所でも魚からの反応は全くない。2時間ほど、あれこれ試すが結局ノーヒット。
リベンジを誓い、串本の海を後にした。

20020810madai.jpg20020810harisennbon.jpg

帰りに串本漁港でライトタックル。
ハリセンボンとチャリコをゲット。
ハリセンボンのサイトフィッシングは、なかなか面白い。


ROD     TENRYU SHORERANGEⅡ
REEL    TWINPOEWR 6000
LINE     GOSEN PE4号 ナイロン80lb 2.0m
LURE
TIDE    大潮 満潮6:24(串本)
HITTIME
NOTICE


Comments:0

Comment Form

Home > REPORT | 尾鷲・熊野・南紀 | 青物 > 潮岬で青物狙い

Search
Feeds

total
today yestarday
since 2004.9.28

Return to page top