HOOKING 三重県伊勢志摩ルアー釣りサイト - メッキ大会 続編

Home > REPORT | アオリイカ | 南伊勢 > メッキ大会 続編

メッキ大会 続編

20020922aori.jpgメッキ大会にて、余裕をぶっこいてまんまんと上位入賞を逃した6人(おさむしさん ラパラさん rumbaさん+2人 JUN)は、そのウサを晴らすかのように田曽へ向かったのであった。狙いは、アオリイカ。

現地に到着すると暴風。ラパラさんが嵐を呼んだらしい・・・。
まぁとにかくやってみようってことで、各自ポイントに散った。
私は、少し辺りを見渡し堤防の角付近を攻めることにした。街灯があり、風も真向かい風なので、何とかしゃくれそうであり、風によりベイトが流されて溜まっている可能性があったからだ。
3投程、強めのジャークで探ってみる。アオリが居るなら、そろそろ寄ってきているはずである。そこで、足元で底までフォールさせ、水面まで小刻みにシャクルとエギの後ろに黒い物体が付いてくる。アオリだ。そこで、もう1度フォールさせると、一発で抱きました。軽くアワセを入れ、抜き上げる。

その後、同じポイントで探るが反応がない。そこで、港内をウロウロしていると、rumbaさんが

「た・たこが釣れました。」

そのポイントまでラパラさんとかけ寄ると、なかなか良いサイズのタコが堤防を歩いている。どうやらrumbaさんは、タコが苦手のようだったので、それを見てラパラさんがオトコマエにワシ掴みにして袋へ放りこんだ。

風が収まらず、アオリも追加出来そうにないので、何故か「タコを食べよう!」ということになりました。以下は、ラパラさんの指導!

「もっと揉んで!」
「その間に指を入れて。」
「隙間もじっくりとね。」

ということで、おいしそうな茹でダゴが出来たのであった。
20020922tdako0.jpg20020922tako1.jpg20020922tako2.jpg

包丁で足を切り分け、皆でがじりつきました。

「ジャリ・・・しょっぺぇ~」

堤防で捌いたタコはよく洗いましょう!
タコを茹でる時は、塩加減に注意しましょう!


Comments:0

Comment Form

Home > REPORT | アオリイカ | 南伊勢 > メッキ大会 続編

Search
Feeds

total
today yestarday
since 2004.9.28

Return to page top