HOOKING 三重県伊勢志摩ルアー釣りサイト - サバフグ猛攻に退陣する

Home > REPORT | アジ | カヤックフィッシング | 南伊勢 > サバフグ猛攻に退陣する

サバフグ猛攻に退陣する

久々のカヤックフィッシング。
ベタ凪でコンディションは最高!
20100904umi.JPG
朝一番。ポイントまで漕ぎ出ると、タイミングよくナブラ発生。
ジグミノー(サージャー)をキャストし、ジャークしながら水面直下を引いてくると、ゴツンとヒット。
30cm程のサバ。〆て、エラと腹ワタを取っている間に、ナブラはどこかへ行ってしまう。(急いでいたので写真なし)

次は鯛ラバタックルに持ち替え、ベイトの反応がある部分を打っていく。
すると、フォール中にラインが止まる。
そのままあわせを叩きいれるが、スッポ抜け。というより、全く重量感がない。
回収するとリーダーの途中から、切れている。嫌な予感。

ジグに変え、落とすと、またもフォール中にラインが止まる。
今度は、フックアップするが、軽い。上がってきたのは、サバフグ。
嫌な予感が的中。一発目のブレイクの犯人は、コイツだ。
20100904sabahugu.JPG
ここからは、サバフグ地獄。サバフグが多過ぎて、ルアーが落ちない。
全てフォール中にサバフグの餌食。

魚探の反応がない場所ではサバフグこそ食ってこないが、他の魚も居ない様子。

お土産確保のため、サビキのショットガンで狙うとアジが数匹釣れたものの、これにもフォール中にサバフグが食ってくるため、仕掛けがいくつあっても足りない状況。
20100904aji.JPG
結局、サバフグを交わすことが出来ずに、ジグ2個、鯛ラバ3個を失い終了とした。
今年の夏は、真鯛が釣れないまま終わってしまった。


Comments:11

Comment Form
どぼん 2010年9月 5日 06:00

こんにちは!
サバフグ猛攻はたまりませんね(xx;;
やつら、レンジも関係無く水面まで追いかけてきますし^^;;
ちゃんと食ってくるならまだしも、仕掛けとられると萎えますね^^;;

綺麗な朝日に見慣れた舳先♪良い写真ですね^^

JUN 2010年9月 5日 19:57

どぼんさん
ほんと凄い猛攻でした。
なんだかんだでサバフグを20匹以上釣ってしまいました。しかもフォール中のバイトなんで、スレが多く、外すのも大変でした。
サバフグは、無毒で食べれるみたいですが、どうも食べる気がしません。

おぱた 2010年9月 5日 21:20

おつかれさまでした。
サバフグ沸いてますか…厄介ですね。
皆で釣って間引きしなければ(笑)

ナブラはサバだけでしたか?
そういえば昨年のこの時期、ナブラ撃ちを楽しませてもらえました。

そろそろアオリの新仔も気になるところです。

JUN 2010年9月 5日 23:15

おばたさん
凄い数でサバフグ沸いてますわ。
毎年、それなりには居るのですが、フォールでこれだけ食ってくるのは初めてです。
ナブラは、サバだけだったです。しかも朝だけで、それからはさっぱり姿なし。岸際でメッキぽい小ナブラは、ありましたが。

ハマチ系が回ってくると楽しいですけどね。月末くらいにまた様子を見に行ってみます。

hiroyuki 2010年9月 5日 23:30

こんばんは。
サバフグの猛攻ですかぁ。。
仕掛けかじるのは勘弁してほしいところです・・・
少し前までは「サバが沸いてます」とかところどころで言ってましたが、
サバフグはちょっと嫌な感じですねー(汗)

tatsu 2010年9月 6日 07:23

サバフグ、唐揚げにすると美味いんですけどねえ。
昨秋、敦賀で船を仕立ててサバフグを狙い、見事に撃沈したのを思い出します。(笑)
今年は鳥羽沖に湧いているようなので期待しているのですが・・・。

omeda 2010年9月 6日 19:14

こんにちは。
久しぶりのトホホネタですねぇ^^
真鯛のチャンスはまだまだですよね?
JUNさんの綺麗な鯛の写真を見たいものです。

はじけよう 2010年9月 6日 20:44

サバフグほんと困りもんですよね(汗)
あいつら沸きまくってる年とぜんぜん居ない時があるような気がします。しかしそんだけロストすると凹みますね。

JUN 2010年9月 6日 21:33

hiroyukiさん
鯛ラバは、みんなラバー無しになってしまいました。
サバフグに比べればサバの方が数倍ましです。

tatsuさん
やっぱり美味いんですか。
一度、思い切って食べてみようかな~と思いつつ、なかなかよー食べませんわ。

omedaさん
まだまだいけるとは思うのですが、サバフグが居なくなってくれないと厳しいです。
鯛のガツガツした引きを味わいたいです。

はじけさん
あれだけサバフグくると戦意喪失です。
あいつら、意外と俊敏なんですよね。サビキのショットガンなんて、20号錘でフリーフォールさせているのに、すぐにバイトしてきます。
しかも針を食ってくれればいいですが、道糸をかじるので、錘ごとブレークが何回もありました。
やっぱり次は食ってやるかな。

tatsu 2010年9月 7日 13:49

>やっぱり美味いんですか。

もちろんトラフグなどとは比較になりませんが、なにしろ下ごしらえがラク。
頭半分切れ目を入れて、あとは皮や内臓ごと引っ張るだけでOKです。
脂が少ないので冷凍で長期保存も効くし、現場で身欠きにしておけば手間いらず。
トラフグなどと比べれば身が水っぽいので、唐揚げ、干物、鍋など、水気が抜けるような料理法がオススメですね。
刺身にする場合は、ひと手間かけて昆布締めにするとよろしいかと。
鍋に肝を入れると絶品なのですが、確実にシロだと見分けられない限りオススメはしません。

っていうか、湧いているものは仕方ないですからね。
せっかくルアーに好反応を示してくれるのだから、工夫して楽しみましょう♪

JUN 2010年9月 7日 21:54

tatsuさん
ふむふむ。釣ってその場で、捌いておくとよさそうですね。
唐揚げにすると、ビールが進みそう。
せっかく釣れるんで、楽しんでおいしくいただいた方がいいですよね。
ネット上に毒サバフグとの見分け方が書いてあるんですが、どうも1人では確信が持てず、怖いというのもあります。

Home > REPORT | アジ | カヤックフィッシング | 南伊勢 > サバフグ猛攻に退陣する

Search
Feeds

total
today yestarday
since 2004.9.28

Return to page top