HOOKING 三重県伊勢志摩ルアー釣りサイト - 本流アマゴ 尺2本 泣尺1本

Home > REPORT | トラウト | 津・松阪・伊勢 > 本流アマゴ 尺2本 泣尺1本

本流アマゴ 尺2本 泣尺1本

6月入り本流アマゴのベストシーズン。
先週までの釣りで、数は少ないものの、いくつかのポイントで大型の反応があった。

金曜日、仕事を終えてからは、シーバスのウェーディング。
満潮から下げ狙い。時より雨に打たれながらも、1匹掛けたら川へ走ろうと思いルアーを打ち続けるが、一向にアタリなし。
粘って粘って4時間ほどやってみましたが、結局、ノーバイトのまま川へ走って車中泊。

4時過ぎに目覚め、スマホで水位を確認すると、ダムからの放流量を急激に絞ったこともあり、夜のうちに、水位マイナス20cmで平水に。
浅場は難しいと判断し、深めの大場所を叩いていくことにした。
20140617kushida01.JPG

一箇所目は、早めの時期に大型の反応が一度だけあった淵。
しかし、ノーバイト。

続いて、今年は一度も入っていない場所。過去に尺アップを上げているポイントだが、シーズン序盤から叩かれるため、なかなか難しい場所でもある。
まずは、5cmのボウイで落ち込みから流芯を叩いていくが、反応なし。ここまでは想定内。
続いて、7cmのリッジフラットでボトムへ流し込んでいく。

少しつづポイントをずらしながら、キャストすること数投目。
流芯を抜け、反転流の中で、コツとした感触。ボトムを狙っていたので、底に擦ったかと思いつつ、アクションを続けると、ルアーが見えた瞬間、ギラリと魚が反転すると同時にコツンと軽めの衝撃だけ残し、魚は深場へ消えていった。
一度目の感触を魚と捉えていたら、もう少し丁寧にアクションをさせられたのだが、残念ながら、回収気味の雑なリトリーブのため、掛けられなかった。
2回目はないだろうと思いつつ、同じコースへキャストし、ボトムから縦へアクションを入れてくると、足元のカケアガリで、予想外に良型アマゴのチェイス。
小刻みにトゥイッチを入れると、足元でルアーをくわえた。
あわせを入れ、一気にランディング。
20140617amago01.JPG
今シーズン初の尺超え31cm。
成魚放流がそのまま大きくなったような固体で、コンディションが良いとは言えないが、今年も無事に尺アマゴが釣れたのでホッとした。

続いて、前回までの釣りで、大型を掛け損ねたポイント。
今日一番の期待ポイント。
しかし、すでに水際に真新しい足跡が・・。昨夜からの減水を考えると、確実に今日の足跡。

誰もが狙うであろう落ち込みからの白泡付近を試しにやってみるが、やはり反応がない。
しかし、このポイントの場合、本当に良い魚が付くのは淵尻の岩絡みの流れ。

対岸際へキャストし、一気にボトムまで沈める。
着底から強めのトゥイッチを入れながら、巻き上げてくると、U字のピークでドスンときた。
グネグネと強いローリング。先ほどの魚より明らかに強い。
ゴリゴリと寄せランディング。
20140617amago03.JPG
予想に反して先ほどの魚より小さいが、太い、太い。

20140617amago02.JPG
銀化しているが、鱗もしっかりとしていて、これまで櫛田川で釣ったアマゴの中でも一二を争う魚。 採寸すると尺に少し届かなかったが、十分満足出来る魚。

その後は、いくつかメジャー所を叩いてみるが、全く反応する魚は居ない。
最後に今年入っていなかったポイントを叩いて戻ろうとすると下流にアングラーの方が。

こんなポイントに後から入るなんて珍しい方だなと思いつつ挨拶すると、2週間前にもお会いしたアングラーの方でした。
様子を見にきていただいたということで、情報交換。私も櫛田川にはかなり通い込んでいますが、先行者の居るポイントには入らないこともあり、あまり他の方と話す機会はない。
この方は、昔から櫛田川に通われている方で、かなりディープなお話を色々と聞かせていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

「もう1匹だけ釣っていきます」と別れてから、寄った最後のポイント。

ここも大きな淵のポイント。
落ち込みからの流れがぎりぎり効くぐらいの下流位置に狙いを付け、対岸際の反転流へルアーを入れる。
ここでもしっかりボトムをとって、トゥイッチ開始。
反転流からメインの流れに入る付近で、ギラリとしてドスン。
20140617amago04.JPG
で、尺ちょうどの本流アマゴ。

今回は、急激な水位低下で苦戦を強いられそうな状況でしたが、結果的には尺2本と泣尺1本とやや出来過ぎの釣りでした。

DATA
ロッド:レイズ RZ56L-BC (Jerkin')/テンリュウ
リール:レボLTX/アブ
ライン:スーパートラウトアドバンスVEP 5Lb/バリバス
ルアー:リッジフラット70S/ジップベイツ
水位:-0.11(田引)
放流量:3.4t(前日15時まで9.4t)


Comments:4

Comment Form
omeda 2014年6月18日 17:37

junさん、こんにちは。

おっ、さすがさすがの釣果であります。

しかし、好い魚を釣られますなぁ。うらやましいっす。^^

JUN 2014年6月18日 22:43

omedaさん
本流は、谷に比べれば良い魚は出やすいですからね。
ただ、谷の宝石のようなアマゴもまた魅力ありますよね。
今年は、一度くらいomeda谷にもお邪魔したいと思っておりますので、よろしくお願いします。

ミヤモト 2014年6月27日 08:51

今年始めたばかりなのでいつも勉強になります。
また釣り場お見かけすることがあれば色々教えてください。

JUN 2014年6月28日 09:53

ミヤモトさん
釣りは、どれだけやっても、毎回、新しい気づきがあって、新鮮です。
特に川の釣りは、狙い方と結果が直結して分かりやすいので、楽しいですね。
こちらこそ、お会いしたらよろしくお願いします。

Home > REPORT | トラウト | 津・松阪・伊勢 > 本流アマゴ 尺2本 泣尺1本

Search
Feeds

total
today yestarday
since 2004.9.28

Return to page top