サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

携帯水没釣行

櫛田川本流は、本流と言えどもやや広い渓流といった感じの川。
フルキャストすれば、対岸に届くポイントも多い。岸際は、岩が多いが、その岩に小規模な木が生えていることが多く、対岸ギリギリを狙うと、どうしてもこれにひかけてしまう。そんなことで、ルアーのロストが激しい。
20110618lure.JPG

今週もネットショップでルアーを仕入れて、川へ出撃。最近は、イトウクラフトとスミスがメインで、他はちょこちょこといった感じ。

20110618yamai.JPG
特に写真のイトウクラフトのBSというシンプルなカラーがお気に入り。

3時過ぎに出発にし、櫛田川に到着するものの本流はまだ水位が高いので、本流は後回しにして支流に入ることに。
しかし、魚の反応は薄い。入り易い川のため、ほとんどの魚は、エサ師に抜かれてしまっている。しかも川原には真新しい足跡があり、先行者が居る様子。
エサでは攻めにくい、広めのチャラ瀬を細かく打っていくと、ポツポツと釣れるが、小型ばかり。綺麗な魚だが。
20110618amago01.JPG

幾分、釣りあがったところで、エサ師に追いついてしまい退渓。

どこへ入ろうか・・・。
しばらく思案し、ポイント偵察がてら、今年は一度も入っていない本流の区間へ入ることにした。
普段はあまりパッとしない流れだが、水が多いため、全体が瀬のような感じになっている。蝦夷50S1stを激しくトゥィッチしながら、やや雑に広めに探りを入れているとゴツンと25センチほどの綺麗なアマゴ。櫛田川のほぼ100%のアマゴは、放流魚と思われるのだが、この時期になると、良いポイントに付いている魚は、どれもコンディションが良い。
20110618amago02.JPG


少し川を上っていったところにある、淵から瀬に変わるポイント。
流芯が自分に居た側にあったため、対岸から攻めた方が良いと思い、淵尻をやや下流方向へ川を横断。淵尻で川底は、砂で形成されている。いざ、渡り始めると、川の中心部は思ったより流れが強い。しかも砂底でふんばりが利かない。水深も思っていたより深い。下流には荒瀬が待ち受けており、流されたらおしまいだ。慎重に足を運び、最後は対岸の草をつかみなんとか事なきを得たが、とても元の場所へ戻れる状況ではない。先程歩いた淵尻は、川に対して、斜めに走っており、こちら側にから対岸へ渡るには川を上っていくような格好になるからだ。
20110618kawa.JPG

一考の後、少し上流の流れの緩い部分で、川原で調達した竹をポール代わりに、対岸に戻ろうとチャレンジしたが、流れが緩い分、水深が深く、断念。
こうなったら、一旦、川から上がり、数キロ上流の橋を渡るしかない。そういえば、友人が川に入っているかもしれないと思い、携帯をレインウェアのポケットから取り出すと、なんと携帯が水没していて、ご臨終。(昨日、連絡をいただいていた方がみえたらスイマセン。今、現在、携帯の復活をお祈りしていますが、多分、駄目っぽいです。)
止む無く、数キロの道のりをウェーディングシューズでウォーキングすることになった。
やや増水した本流の流れは、見た目より重く、安易に横断してはいけないことを再認識した。特に行きは魚ことばかり考えているので、戻ることを忘れがちだ。

この後、再度、本流へ入るが、雨が強くなってきて、支流や水路から濁り水が入ってきたため、帰路に着いた。

コメント

  1. びー より:

    JUNさんこんばんわ。
    美形なアマゴですね。数多いパーマークと鼻筋の通った攻撃的な姿は惚れ惚れします。しかし流石ですね、毎週通った結果こういうアマゴにたどり着くのでしょうね。
    携帯…私も以前やらかしてから防水携帯に変えました。重たいヤツですが安心感はあります。

  2. omeda より:

    JUNさん、こんばんはー!(`・∀・´)ゞ
    またまた、ニアミスでありましたよ。
    私の片割れと、車を止めたあった場所へご挨拶に伺った
    時にはすでに移動された後のようでした。
    携帯はご愁傷様でした。
    魚を抜いてしまう餌師は許せないですよね。(°△°;ハッ
    それって、私のコト?^^

  3. やす より:

    相変わらず素敵な釣りされてますね^^
    携帯ご愁傷様です・・・次は防水ですね!
    櫛田川へカヌーのお誘いあったのですが
    行ってたら岸と水上からの不思議な遭遇となったかもw

  4. JUN より:

    びーさん
    櫛田の場合、これくらいのサイズだとやや銀化した魚が多いのですが、こいつは珍しくパーマークのくっきりしたツルンとした感じの魚でした。
    こんな魚の尺サイズが釣れると最高ですけどね。
    この日は、防水ケースも持っていたのですが、うっかりケースに入れ忘れてました。トホホ・・・。
    omedaさん
    朝一、ピンポイントで入った場所ですね。
    反応さっぱりなく、移動してしまいました。ニアミスばかりでなかなかお会いできませんね。
    川横断後、道路をトボトボ歩いているとき、誰か知っている人が通ってピックアップしてくれないかなぁ~と思っていましたが、そうはウマくいきませんね。笑
    私の場合、食べたいのか?釣りたいのか?という2択なれば、明らかに釣りたいという思いが強いので、自分の思いをストレートにリリースすることにしてます。釣りたいし食べたいというお気持ちもよく分かります。笑
    やすさん
    ちょくちょくカヤックの方を見かけますが、なぜか無言で通り過ぎる方が多くちょっとイラッとします。手ぐらい上げていけばいいのになぁ~と思います。
    アマゴの場合、カヤックの通過後も不思議と釣れることが多く、通過すること自体は全く気にならないんですけどね。
    小型のカヤックで、瀬を下るのもかなり楽しそうですね。(これ以上、遊びの手を広げてはいけませんが。)

  5. やす より:

    おっしゃる通りです!
    まあアウトドアでの棲み分けってのは難しい部分ありますが
    鮎釣りとその他の釣りの違い分かってない部分もあるんですよね。
    長良川とかでは鮎釣りの方を刺激しないようにそっと無言で・・が多いですが。
    以前、ライズ取ってる方の近くで大声で挨拶して(礼節的にはよろしいですが、釣り的には・・・)る仲間に説明したことが、、
    竿とラインの様子を判断し会釈等のジェスチャーがベターと言ったりはしてるのですがね。
    まあ釣りした事ない人にその変の意味は通じ難いもんです^^;
    酷い奴だと下流に送りこんでるルアーの上を通るやつも・・
    その時は、カヤック乗りながら釣り人目線でカヤッカーに文句言いましたw
    >小型のカヤックで、瀬を下るのもかなり楽しそうですね。(これ以上、遊びの手を広げてはいけませんが。)
    フネお貸ししまっせ、是非これ以上遊びの範囲をふやして下さいな!!!

  6. JUN より:

    やすさん
    私の場合、自分がカヤック乗っていることもあって、カヤックで川下ることについては全く抵抗感がないので、何かジェスチャーしていただければ、ニコニコ顔で見送るんですけどね。中には怖い顔した釣師も居るんでしょうから、なかなか難しいですね。あえて、無言という考えもあるんですね。失礼しました。
    いつぞやにもお話しましたが、岸からアプローチし難い場所もあるので、カヤックくだりながら、釣りってな遊びも楽しそうですね。そんなことしていると竿流されるんでしょうけど。笑
    夏になったら、フネお借りするかもしれません。笑

  7. hiroyuki より:

    こんにちは。
    相変わらず素晴らしい釣果、さすがですー。
    しかし携帯の水没は凹みますね。
    僕も最近iphoneに変えたんですが、早速防水ケース購入しましたよ。
    まあ、カヤックの上なんで、落としてしまえばおしまいには違いないんですが(爆)

  8. K2'T より:

    JUNさん、まいどです。
    高級ルアー・・・男前な買いっぷりですね~!! 羨ましいです。
    私のロストは、リップ折り、対岸ブッシュ掛けは朝飯前
    さらに、伸びないフロロ4LBでかなり強くスナップで振るので
    トリガーの指に引っかかって「パチンッ」とアイからチモト切れサヨ~ナラ~~~
    これが一番情けない、スローモーションで飛び去ってゆきます(笑)
    私もあれこれ使いましたが、最近は「D信者」に落ち着きそうです・・
    川のサイズやロッドへの適用も広いし、間違いなく飛行バランスが良く、飛びます。
    そして、皆さんがおっしゃるとおり、何故か・・・釣れるんですよね・・
    D-インサイトも、すごくイイですよ。
    先週末に吉野のかなり押しの強いド本流で一日使いましたが、
    平本氏の設計コンセプトのとおり、明らかにD-コンより深く入り、レンジがキープされますし
    あの扁平ボディでダウンに入っても簡単には上ずりません。
    最近のインジェクションの新作では出色ではないかと思います。
    梅雨らしくなってきまして、この週末は、ちょっと水が高過ぎるかもですね・・
    しかし、水さえ良ければ・・そろそろ、ホンマに来ますよーッ!!
    ガツンと見せてください。期待してます。(他力本願ですみません(笑))

  9. JUN より:

    hiroyukiさん
    この日は、カヤック用に使っている防水ケースを持ってたんですけどね。しかも同じレインウェアのポケットに入れて。意味なし!
    水没ついでにスマートフォンに変えようかと思ったんですが、こんなんに5万も出すなら、竿買いたい!ということで、ヤフオクで2,000円の白ロム機をゲットしました。笑
    K2’Tさん
    近くに釣具屋ないんで、送料浮かすためにネットで大人買いです。笑
    この日もDコンを2つロスト・・・。いちよ引っ掛けた場所を写真で押さえているので、夏になったら、海パンで取りに行く予定です。
    確かにDコンは、投げやすく、アップにダウン、止水から荒瀬、浅瀬から深場までとにかく適用範囲が広く、使い易いですよね。
    個人的には底を取ってから、ジグのようにに縦のアクションを入れるような使い方が好きです。
    それに比べるとイトウクラフトは、使える条件がやや狭いですね。ただ、一定の条件にハマると良い仕事をしますし、ロッド操作に対する反応が1つ1つ出るというか、同じ食わすにしても、このトゥィッチで食わしたというような満足感があるところが好きです。
    ただ、私もルアーを1つだけと言われれば、多分、Dコンですね。
    D-インサイトもちょくちょく使ってます。(^^ゞ
    Dコンより更に安定感がありますね。はじめは、DコンあればDインサイトはいらないなぁと思っていましたが、Dインサイトしか出来ない仕事もありますね。ただ、なぜか狙い通りの仕事をさせてもDコンより魚を引っ張る力が弱いように思います。不思議ですが。
    ルアーの評価というのは、使い込むうちにどんどん変わっていくんで、そんなところもまた面白いですけどね。
    予報通りでいくと、週末は、ちょっと厳しいですかね。週末まで雨が降らないようにお祈りしてます。
    なんとかガツンと・・・。

タイトルとURLをコピーしました