サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

コロナで失職しプロの釣人になった私

リモートワークしていますか?
私は、ノーワークです。

意味深なタイトルと書き出しについては、これから順を追って説明いたします。

世間では、コロナが猛威を振るっており、ブログ更新も自粛しておりましたが、昨日付けで、一部の都府県を除き緊急事態宣言が解除されましたので、ブログ再開です。(言い訳)

さて、コロナが流行り出した頃、究極に感染リスクを下げるには、やはり人と接しないなことが重要だと考えました。勤務していた職場は、それなりに大きなフロアーでしたので、感染リスクが高い状況でした。そんな状況を改善しようと、究極の良案を思いつきました。

仕事を辞めよう。

もう1回、言いますよ。

仕事を辞めたら、安全じゃない?

てなことで、3月で仕事を退職し、この4月から立派な無職のアラフィフの完成となったわけです。

 

まぁ本当のところは、コロナで死んだら、「仕事なんかで消費せずに、もっと釣りをしておけば良かったなぁ」と後悔するだろうなぁと思ったんですよね。

1回しかない人生ですからね。思い切った者勝ちです。

4月から完全な自由人となり、釣り人生を謳歌しようと思っていた訳ですが、コロナが想像以上に流行し、緊急事態宣言なんかも出されまして、暢気に釣り竿を出せる状況でもなくなってしまいました。

4~5月は久々にサツキマス釣りに真剣に取り組み、その後は、北海道に渡りトラウトでもやろうと思っていたのですが、完全に予定が狂いました。

それでも、私はまだ46歳です。時間は十分に残されています。慌てなくてもフィールドは逃げません。近くにも素晴らしいフィールドはありますしね。

「今後は、そもそもどうやって生活するの?」

「仕事はどうするの?」

みんなから聞かれるのですが、基本は、釣りプロ。

と言っても、釣りで収入を得るわけでなく、「自称釣りプロ」(笑)
ただ、好きなことを好きなだけするという人生

幸いなことに、家はボロいがローンはありませんし、小さいながら畑もあります。そして、小魚を釣る程度の技術はあります。何より理解ある妻と子供が居ます。

「起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半」

多くは望みません。雨風凌げる家で、野菜を作り、魚を釣る。自給自足生活。

そんなことで、人生の後半は、こんな感じで過ごしていきたいと思います。
今のところは、毎日屁こいて寝てますので、何かあればお声掛け下さい。

コメント

  1. TOSHI より:

    JUNさん久しぶりと思ったらなんと辞めましたか。
    私もコロナのおかげで会社入社依頼初めてのGW休日を満喫しました。
    GWは今まで仕事ずくめだったので。
    でもコロナの影響で漁港は釣り禁止が多く釣りはできませんでした。
    庭の剪定と田んぼの草刈などで初めてのGWの休日を楽しみました。
    畑や田んぼは維持するのが大変ですよ。
    草抜いたり刈ったり、年2回ほど私もするのですが筋肉痛になります。
    これからの人生もがんばって満喫してください。
    ではまた

    • JUN より:

      TOSHIさん
      ご無沙汰してます。
      人生、好きなことに集中しようと、辞めてしまいました。
      また、お金がなくなったら、働きます。笑

      各漁港は、釣り禁止のところが多いようですね。
      5月一杯は、継続でしょうか。
      解除されればショアの釣りも頑張ります。

      うちは、小さい畑ですので、大丈夫ですよ。

      また、釣り場でお会いしたら、よろしくでーす。

  2. YASUI より:

    ご無沙汰です。
    いやぁびっくりしました。
    久しぶりに拝見したらコロナ失職とは^^;
    また一緒にカヤックで浮かびたいですね。
    色々あるでしょうが、素敵な選択カッコいいです!

    • JUN より:

      YASUIさん
      本当にご無沙汰しております。
      失職しました。いちよ免職ではないですよ。笑

      今のところ、平和な日々を暮らしております。
      また、一緒に浮きましょう。
      暇人なんで、いつでも大丈夫ですよ。

タイトルとURLをコピーしました