サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

カヤック スーパーライトジギング

さて、今更ながら令和初アップでございます。前回は2年5ヶ月振りの更新でしたが、今回はかなり頑張りまして、3ケ月という短期間?での更新です。
それでは、令和に入った5月から釣りをまとめて。

今年もカヤックフィッシングをメインにやっております。
令和最初の釣りは、昨年良かったエリアへ。
しかし、かなり渋い状況。薄い漁探反応にタイラバを入れて、いかにも小型らしいコツコツとしたアタリで令和初真鯛。
20190716madai2.JPG

小型ながら綺麗な固体。

タイラバの後に、ジグに食ってきたのはカイワリ。
20190716kaiwari.JPG

これ、初めて釣りました。口の中には、タイノエならぬシマアジノエが住み着いてて、ちょっとビビりました。

6月からは近場のスーパーライトジギング。
イサキを釣りたいところですが、根魚ばかり。アカハタは35cmオーバーが多く、これはこれで面白い釣りでした。
20190716tyouka2.JPG

カヤックにメジャー代わりに点をマーキングしました。写真下部の黒点は、10cmピッチです。

20190716tyouka1.JPG

メバルも尺には届きませんが、良いサイズでした。

で、6月中盤から7月初旬は、海況がいまいちで、なかなか海に出られず。
この週末は、やっとカヤックが出せました。

そろそろイサキを釣っておかないと!という思いで、漕ぎ出します。
ポイントに到着すると、ベイト反応もあり、魚気もあります。ジグを入れていくと、何かがジグに触ってきます。ちょっとハイピッチ気味に攻め、ストップ入れると食いました。
が、アブコ(ハマチの幼魚)です。ここから、アブコ地獄。アクションを入れるとコイツが食ってきます。
そこで、フォール主体で攻めると、ゴツゴツとした良いアタリ。
あわせると、ガンガンと竿をたたく良い引き。
イサキか?
ドラグ弱めで丁寧に寄せてきましたが、見えたのは、残念ながらピンクの魚体。40cmちょいの真鯛です。(写真は後の釣果写真参照)

アブコがあまりが多いので、少し漕ぎます。
途中で、ボトム付近にポツンとした小さいながら強めの反応。
ジグを落とし、フワフワとアクションさせると、食いました。
これも、ガツガツとした気持ちよい引き。先程の真鯛より、やや鋭い突っ込み。
今度こそは、イサキか?
今回も丁寧に寄せてきます。で、茶色の魚体。
20190716isaki.JPG

やりました本命のイサキです。36cmほどの良い魚。

引き続き、イサキ探しです。
ただ、相変わらずアブコの猛攻。ボトム付近ではアカハタがポツポツと釣れますが、リリースサイズです。

あちこち漕いでいると、水面付近にベイトボール発見。
キャストしてベイトボールの下を斜め引き。すると、カツンとアタリが出て、良型イサキを追加。

本命イサキが釣れたこと、後半、天気が崩れそうだったので、11時前に早上がり。
20190716tyouka3.JPG

今年もスーパーライトの主役であるイサキが何とか釣れました。

ちなみにイサキのヒットルアーですが、10年以上前のギャロップとブランカ。しかもブランカはレッドヘッドいう斬新?なカラーです。
20190716lure.JPG

スーパーライトジギング用の新しいジグもたくさん販売されていますが、実際は何でも大丈夫です。私は、昔、ショア用に買った在庫や、ダイソーの100円ジグを使っていますが、これで十分です。センターバランスのものが人気のようですが、個人的にはリアバランスの方が釣れるような気もします。

イサキはなかなか釣れるパターンが掴めませんが、何かストロングなパターンがあるような気がしてなりません。ジグだけでなく、他のルアーも含めて、今後も楽しみたいと思います。

ベイト
ロッド:レッドフリップ RF622B-ML/テンリュウ
リール:オシアカルカッタ200HG/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1号+12lbフロロ

スピニング
ロッド:グラップラーBB S632/シマノ
リール:13′ コンプレックスCI4+2500HGS/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+12lbフロロ

コメント

  1. omeda より:

    JUNさん、こんにちは。イサキ好いですねー。
    今年は波気がなかなか無くなりませんね。カヤックを出す機会がありません。
    台風も発生したりしてますからお気を付けて。

  2. JUN より:

    omedaさん
    イサキは釣ってよし、食べてよし。真鯛より大分旨いです。
    毎週、微妙なコンディションが続くので、天気予報とにらめっこしてます。

タイトルとURLをコピーしました