サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

青物ナブラゲーム開幕

20071013hamati.jpg10月中旬になり、いよいよこの地方のショア青物シーズン到来。
先週あたりから、ぼちぼちナブラが出始めたとのことだったので、早速、ポイントへ向かった。
日の出前にポイントに到着。
しかし、全く魚気がない。2時間程ナブラを待ちながらキャストするが、反応はなし。
釣りではポイント選択が重要なのは言うまでもないが、このナブラ打ちの釣りは、特にその要素が強い。
ルアーを投げるという行為の前に、とにもかくにもナブラが出ないとほとんど釣りにならない。
しかも、ある程度データーを集積しても、気象条件や潮からはなかなかポイントが絞れない。
現場からの情報が重要になってくるものの、それとて決定打にはならない。
その時ナブラが出ていても次のナブラが出るかは誰も分からない。
このポイントも前日の朝は怒涛のナブラが出ていたとのこと。
また、時間も朝が良いとき、昼が良いとき、夕方が良いとき・・・
実に様々で、なかなか狙いを絞りにくい。
ポイントの選択を外すと数時間海を見ているだけという、ある意味ギャンブル的な釣りである。
話を戻して、全くナブラが出ないので仲間にもう帰ると告げ、最後と思いメタルジグをフルキャスト。
底からしゃくるが反応がなく、回収しつつ、表層付近をテロテロと引いていると10m程手前でジグが引っ手繰られる。
あわせを入れると小さいながらも青物特有のゴリゴリとしたファイト。
抜きあげると、40cmちょいとかなり小さいものの今季初のツバス。
その後、少し離れた場所で散発的にナブラが発生。
届く範囲でやや大きめのナブラが出たので、ジグをキャスト。
少しミスキャスト気味で駄目かと思いきや、ゴンと来た。
これも先ほどと同じくらいツバス。
青物ナブラゲーム、今年はそこそこ楽しませてくれそうである。

ロッド・・・・ジャクソン ゲートG1062CB
リール・・・シマノ センシライト4000
ライン・・・シーバスPE20lb+バリバス25lb
ルアー・・・ブランカ28g
潮・・・・・・中潮 6時47分 189cm
時間・・・7:30 10:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました