サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

久々の大カマス(アラハダ)釣り


いつものメンバーでレンタルボートへ行ってきました。

今回の釣りのハイライトは、ワームフックでのダブルヒット。

アカハタの口を貫通したフックでベラがスレ掛かり。もう奇跡です。てっきり尺オーバーなハタやと思って寄せていたのですが、ビビリました。

まぁなんか、もうねぇ、ひたすらアカハタ。一日中、アカハタでした。

不完全燃焼で終わったボート釣りでしたので、帰りに少しショアの釣りへ。

この時期の南伊勢~紀伊長島にかけての各海岸には、毎年、たくさんのカマスが入ってきます。カマスの中でも高級なホンカマス(三重ではアラハダと呼びますね)です。で、サイズもデカイ。40cmを超えるサイズが釣れるのです。はじめてこの釣りをやったのが下の記事の2007年。

大カマス入れ食い
2週間ほど前から南伊勢でカマスがよく釣れているという情報を得ていた。春を思わせる陽気に誘われ、ドライブがてら狙いに行ってみた。15:00頃、現地に到着すると、有望なポイントは地元の先客で一杯。観察していると、サビキを使用して、しゃくり...

あぁもう十年以上前ですね。それ以来、あんまりやっていなかったのですが、ボート釣りの不甲斐無さに久々に挑戦してみました。

ポイントに着くと、早速、ポツポツと釣果が上がっています。みなさん、ワームのようです。私は、カマス釣りのルアーを持ってきていないので、ハタ狙いのハードベイトタックル&大型ワームでやってみますが、これではなかなか食いません。持ってきていたミノーでやってみますが、早い動きやトゥイッチではバイトが得られません。7cmシンキングミノーをかなり沈めてから、ややスロー気味に巻き上げるとやっと食いました。ちょっと小さめの25cmほどのホンカマスです。

次は、細めの9cmフローティングで攻めてみます。ルアーを追いかけてくる個体が居るものの、どうもレンジが浅すぎる感じ。ロッドを海面に突っ込み、レンジを下げて、なんとか1匹追加したものの、どうもしっくりきません。

キーはやや深めのレンジのスロー巻きのようです。

ルアーケースをアサってみると、9cmのディープミノーを発見。ちょっと大きいかなと思いつつ、スローに巻くと、これがハマました。パタパタとヒットが続きます。サイズも35cmクラスの太いホンカマスです。短い時合でしたが、久々に大カマス釣りを楽しめました。

また、時間があれば、ちゃんとしたタックルを揃えて、チャレンジしてみたいと思います。

ロッド:エクスプライド171H 1/シマノ
リール:エクスセンスDC/シマノ
ライン:キャストアウェイPE2号 /サンライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました