サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

伊勢志摩のティップラン開幕

せっかくの9月の3連休ですが、台風17号の影響で、海は大荒れ、天気も雨。
のんびり道具の手入れでもしようかと思っていましたが、昨日の朝(21日)起きると、予想外に雨は降ってないし、雲の切れ間には青空も少し。スマホで海況チェック。風はそれほど吹いていません。外海はウネリが大きいですが、湾内なら大丈夫。

これはいくしかないと、急いで車にカヤックを積み込み、出発。

狙いは、今シーズン初のティップランによるアオリイカ

急な出発で漁探は充電していないので、頭に入っている地形を頼りに釣りを開始。


海は予想以上に凪。というかベタ凪。ティップランはやりにくいですが、釣り方はあります。

まずは、出艇して数分の岬状の地形。
毎年、小型だがアオリイカは付くポイント。なかなかアタリが出ませんが、少しづつラインを変えながら探っていくと、ロッドティップに微妙に揺れ。アタリかな~と思いながら、スルーしていると、クンと明確にティップが入ったので、鬼アワセ。

重量感はないですが、乗りました。頼りない引きですが、今シーズン初の嬉しいアオリイカが上がってきました。
アオリイカ
とりあえず1匹釣れて一安心。

続いて探っていきますが、なかなか次の1匹が釣れません。イカ狙いなら漁探はいらないかと思いましたが、やっぱり詳細な地形とベイトの有無が分からないと難しいです。

ここで、海況もいいので、少し漕いでジギングポイントへ行きます。
スローからハイピッチまで色々試しましたが、アブコ(ハマチの幼魚)のみ。やや風が出てきたので、再度、漕いで、ティップラン。

風で良い具合にカヤックが流れ出したタイミング。綺麗なティップが戻るアタリが出て、サイズアップ。
アオリイカ
少しラインを変更して流しなおすともう1匹追加。

この後、更に風が強くなってきたので、戻りつつ、カケアガリと障害物が絡むポイントを流すと、本日の最大サイズがヒット。
アオリイカ

こんなことで、今シーズン初のティップランはぼちぼちと釣れてくれました。
昨年は、かなりイージーに釣れてくれましたが、今シーズンはちょっと少ないかなぁという感じは受けました。まだ、シーズン始まったばかりですし、分かりませんですけどね。

タックルは、15年前のソリッドタイプのメバルロッドなんですが、これがなかなか使える奴です。まぁ折れていいと思って、キャストもしているのですが、なかなか強いですし、微細なアタリもそれなりに取れるんですよね。最新のタックルも魅力的ですが、持っている道具を再利用して長く使ってやるのも大事なことです。(と45歳を超えてから思い始めた次第です。)

ロッド:月光(2004年製 ソリッドメバルロッド)/taniyama
リール:13′ コンプレックスCI4+2500HGS/シマノ
ライン:PE0.6号+ショックリーダー12lb

コメント

  1. TOSHI より:

    junさん、久しぶりです。
    ホームページの構築おめでとうございます、私は釣り半分、最近junさんの同僚のかたと筋トレメインになってきてますわ

    • JUN より:

      TOSHIさん
      ご無沙汰してます。
      自分はカヤックフィッシングが唯一の運動になっています。
      ブログ拝見してますよ。メッキや青物は行かれているようですね。
      今年は青物多いようですので、ナブラ打ちも楽しみですね。
      また、お会いしたらよろしくです。

タイトルとURLをコピーしました