サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

激渋メバル

20080202mebaru.jpg風がやや弱めだったので、久々に南伊勢のポイントへ。
夜半からは雨(雪)が降るとの予報だったので、18時過ぎにポイント到着。
若潮で干潮が21時前。勝負出来るのは、2時間。
現場到着後、いつも必ず反応があるポイントからキャスト。
しかし、潮が低いためか全くのノーバイト。
時間が少ないため、めぼしいポイントをやや早めのペースで打っていくが、反応はない。
一通りポイントを攻めた時点で、ミノーで小型1匹のみ。
あまりに釣れないので、攻め方をかえ、外灯に障害物がからむポイントを丁寧に狙う。
障害物の際の際にキャストし、水深3mほどをひたすらフォールさせる。
すると、着底寸前にやや違和感。
疑心暗鬼にあわせると20cmそこそこのサイズ。やっと出た。
その後、同様なパターンで攻めるが、とにかくベタ底でしか反応が出ない。
18cm~23cmをなんとか5匹キャッチしたところで終了とした。
私のメバル狙いは、短時間でテンポよく活性の高い個体をとっていくスタイルなので、
こういう渋い魚はほとんど拾えていない
今後は、こういった魚も意識して釣らなければ。

ロッド・・・・UFMウエダ サーフェイストゥイッチャーSi <ボロン>  STS-68Si
リール・・・シマノ バイオマスターMG2000
ライン・・・フロロ2.5lb
ルアー・・・メバーム 
潮・・・・・・若潮 干潮20時57分
時間・・・19:30

コメント

タイトルとURLをコピーしました