サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

雲出川デイゲーム

20030627seabass.jpgナンダカンダで1ヶ月近く釣りに出掛けていなかった。
仲間からの情報によると漁港でのバチがらみのパターンは終了したようだ。
そして、伊勢湾内では赤潮が発生し、あまり状況はよくないようだ。
となれば残すは、川がらみのパターン。
代休のとれた金曜日、朝から出撃。
ただ、寝坊をしてしまい、7時前に家を出る。
朝マズメというには遅すぎる時間であり、マゴチを狙いをかねて南下する。
とりあえず、津付近の川を覗く。
既に下げ5分を過ぎ、水位は下がっている。
しかし、梅雨の雨の影響で、水量は多く、濁りもある。
これは、ひょっとすると?と思い、タックルを準備し、川に降りる。
多めの水が複雑な流れを形成している。
ミノーでは水を上手く掴めそうにないので、ワンダーで流れの中を漂わせることにした。
開始して5分ほど、1番太い流れでのU字。「ゴン」ときた。
明るい中でのファイトは魚の動きがよく見え楽しい。
まずは、45cm。(写真を取る前にオートリリース)
そして、次のキャスト。
さっき食ってきた流れの少し奥にプレゼント。
流れに入る寸前、「ゴツゴツ」というアタリ。
すかさずアワセを入れる。手応えからして先ほどより大きい。
竿のパワーにものを言わせ、グリグリと寄せる。
足下で障害物に突っ込みヒヤヒヤしたが、なんとかハンドランディング。
川鱸らしいなかなかのプロポーション。60cmを越えたかと思ったが、59cm。
久々に良い引きを味わった。
その後はパタリとアタリが無くなったので終了とした。

RODDAIKO DESPERADO DS-962ML
REELTWINPOEWR 4000
LINESEABASSPE1.5号 フロロ25lb 1.0m
LUREワンダー(イワシ)
TIDE中潮 満潮3:51
HITTIME8:00
NOTICEささ濁り

コメント

タイトルとURLをコピーしました