サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

カヤックSLJ(スーパーライトジギング)本命イサキにクエまで釣れた

自由人は幸せです。
何がって、釣り日和に釣りに行けるんですよね。

仕事をしていると、休日に限って、大雨や大荒れというのはよくあります。
逆に絶好のコンディションはほぼ仕事なんですよね。

そんなことで、絶好のコンディションを選んでカヤックを浮かべます。
この日は、本当に年に数回しかないよう日。
前日まで強い北西風が吹きウネリはほぼゼロ。
当日は、気持ちのよい北西風が2m程度。

パドルで漕ぎながら、「最&高」と声がモレてしまいます。

前回、そこそこ釣れた海域。

1投目は、タックル整理をしていたら出てきたウォブリン30gで。
浅いポイントなので、キャストして巻きます。

巻き巻きとリールを5回ほど回したところで、中層でコツコツとしたアタリ。

スイープにあわせると、頼りない引きで、チャリコ。

真鯛
でも、1投目から釣れて幸先が良い。

やっぱり今日も巻きの釣りが正解かもしれない。
ダイソージグのブレードチューンに持ち替えると、今度も中層で良いアタリ。

カツカツした真鯛っぽい引きだが少し鋭角的な引きもみせる。

浮かんできたのは、やや灰色の魚体で一瞬グレかと思いましたが、本命のイサキでした。

イサキ
しかも40cmという良型。

引き続き、巻きの釣りでアカハタやメバル、ガシが釣れてくれます。

メバル
メバルは40gのジグで食ってきますが、小さめのジグのが更に食うかなと思い20gに。

すると、狙いとは逆に食ってきたのは、真鯛50cm。

真鯛

真鯛が多いので、鯛ラバもやってみようと、鯛ラバを巻くと、着底の巻き始めてアタリ。
あわせると最初こそややトルクのある引きでしたが、頭をこちらへ向けると重量感のみに。
これはジャンボなアカハタかと思って寄せると、何やら茶色の魚体。

クエ

ランディングし、良く見ると、なんとクエ!
鋭い歯が怪獣のよう。
超高級魚が釣れてしまいました。

本命のイサキだけでも嬉しかったのですが、真鯛に加え、クエまで釣れまして、またしても9時に早上がりです。

イサキもジグを食い始め、志摩のSLJ、いよいよ本格的に開幕です。

ロッド:ザルツZAT-ML66ML/S/メジャクラ
リール:13′ コンプレックスCI4+2500/シマノ 
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+16lbフロロ

ロッド:グラップラーBB S632/シマノ
リール:15′ ストラディック4000/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+25lbナイロン

ロッド:レッドフリップ RF622B-ML/テンリュウ 
リール:オシアカルカッタ200HG/シマノ 
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1号+12lbフロロ

ヒットルアー:ウォブリン、ダイソージグ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました