サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

カヤックSLJ(スーパーライトジギング)イサキ良型43cm

海況の良い日はカヤックを漕いでいます。

カヤック
スーパーライトジギングですが、最初の2回は、なかなか好調でしたが、その後は、いまいちな展開です。

3回目は、もっとライトタックルで遊ぼうと思い、20年前のダイワのハートランドのソリッドロッドなんかを持ち出しました。

真鯛かイサキが食えば面白かったのですが、アカハタ、アカハタ、ひたすらアカハタで。


ただ、あまりに柔らかくても、あわせが利きにくいですし、やはりそれなりのロッドが楽しいですね。

前回まで大量にコサバが入っていたのですが、それが抜けてしまった感じで、食いが落ちてしまったようです。


4回目もほぼ同じ展開。
しかも、カヤックを海岸まで担ぎ、全てセッティングして、いざ出艇のタイミングで、お腹がゴロゴロ。
早朝の海岸で野グ○するのも無職者とは言え、人としていけません!近くにはトイレがないので、車で公衆トイレまで走らないと行けません。
動くと出ちゃう状態で、再度、なんとか全て車に積み込み直して、法廷速度ギリギリ?で公衆トイレへGO。
なんとか事なきを得ました。汗だくで、もう帰ろうかと思いましたが、なんとか頑張りました。

この日は、尺手前のメバルが混じったので、まだましでしたが、これまた根魚ばかり。

メバル
ダイソージグのブレードチューンがアタリでした。
イサキ、鯛を意識して、中層もかなり攻めていたのですが、食うのは着底か着底数巻きだけ。


沖では鳥山が立ち青物の気配もありましたが、ジギングでは食ってきませんでした。


そして、5回目は、久々にイサキが食いました。
朝からベタ凪で、ゆっくり漕いでいくと、水面にパシャパシャとベイトボール発見。

ベイトボールの真ん中は食いにくいので、エッジにジグを軽くキャスト。
フリーフォール中に、ラインが加速した感じ。急いで、スラッグを巻き取り、アワセを入れると、ゴンゴンと小気味良い引き。
これは、イサキっぽいと思い、ややドラグを緩めて、慎重にやりとり。

イサキ
慎重にネットでランディングしたのは、43cmのイサキでした。
10cmを超えるベイトが口の中に入っていました。

その後は、全般に低調。食っても小型の根魚が多い。

あまりに渋いので、久々にワーム。
魚探で確認した根からの落ち込み部。1投目の着底ですぐにアタリ。
少し食い込ませて、フッキング。一瞬、根に張り付かれましたが、なんとか浮かせて、ランディング。30cmいくかいかないというサイズ。

ハタ類って、小型でも結構強い力で、張り付きますよね。

フックを外そうとしていると、魚探に本日見なかった、ベイトが追われて散っているような反応。
もう1本のロッドで、ジグを入れると、またまたフォール中にラインが走り、イサキ31cmを追加。

これで、終了としました。

イサキが釣れたので何とか形になりましたが、今回はミス多発。
まずは、フィッシュグリップを海へ奉納。
私は、魚の血抜きをするのに、フィッシュグリップをストリンガーのようにそのまま使うのですが、リシューコードの固定忘れで、血抜き中のアカハタと一緒にグリップを海中へ沈めてしまいました。

以前は、スタジオオーシャンマークを使っていたんですが、釣り場に忘れてきてショックを受けたので、次は忘れてきてもショックを受けないくらいの価格ということで、下記のPROXのやや安価なモノにしたんですよね。

ショアからのシーバス、チヌ、カヤックフィッシングでワラサや真鯛を結構掴んでましたが、どこも壊れなかったですね。マシ締めやグリスなど簡単なメンテはしてましたが、5年くらい持ったような。

早いうちに次の探さなくては。アマゾン見てると、このモデルが安くてレビューもいいな。

魚にも大変申し訳ないことをしました。

次は、キャスティングしたら、ルアーだけが飛んでいったパターン。

最後は、ジグ交換して、フックをセットして、「さぁ釣るぞ!」と海中にジグを投げ入れたら、なんとジグをリーダーに結んでいなくて、そのまま海底までユラユラ。
ただ、海へジグを捨てるというアホをやらかしました。

毎日、のんびりと暮らしているので、どうも頭が回転しないようです。
少し気を引き締めて、大きな事故をしないように気をつけたいと思います。

ロッド:ザルツZAT-ML66ML/S/メジャクラ
リール:13′ コンプレックスCI4+2500/シマノ 
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+16lbフロロ

ロッド:グラップラーBB S632/シマノ
リール:15′ ストラディック4000/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+20lbナイロン

ロッド:レッドフリップ RF622B-ML/テンリュウ 
リール:オシアカルカッタ200HG/シマノ 
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1号+12lbフロロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました