カヤックSLJ(スーパーライトジギング)久々に仲間と漕ぐ

カヤックスーパーライトジギングが続きます。

コロナ自粛など色々とあり、今回は、久々に仲間3人で出撃です。
しかも出艇箇所でもFABさんとその仲間にお会いし、何だか賑やかな海上。

私たちは、ゆっくりと準備とし、のんびりと出航。
天気は曇りで、ウネリは小さく、風は微風という釣りやすい海況。

漕ぎながら、ベイトを探していきます。
沖は、少しピッチの短いウネリで、やや海面がラフですが、目を凝らすと海面にベイトの雰囲気があります。そこまで漕いで、魚探でベイトを確認して、その周辺から探っていきます。

開始すぐにジグにベイトがかかります。コサバです。
水面のベイトボールはかなり小さい鰯ですが、その下にはコサバが着いてます。
シーズン初期にコサバが多い日は、真鯛の活性が高かったので期待が膨らみます。

まずは、オーソドックスなワンピッチで攻めていると、中層で、ガツンとアタリ、一気に走ります。
久々の青物確定です。
たいしたサイズではないですが、やっぱり青物特有の引きは気持ちが良いですね。

ライトシーバスロッドなので、のんびりとやりとりして、ランディング。

ハマチ

ハマチというか50cmに足りないイナダなサイズ。

 

前回、フィッシュグリップを沈めてしまい新しいのをポチッとしたのですが、到着が間に合わなかったので、本日は、タオルで魚を掴んで、血抜きなんで、時間がかかります。

結局、フィッシュグリップは、アマゾンで高評価なウミボウズのものにしました。近々、インプレもしてみます。

続いて、ベイトボール周辺を打っていきます。
中層をフワフワアクションで誘うと、ゴツンとヒット。
今度は、グングンという引きで、真鯛確定。

真鯛
40cmちょっとの食べごろサイズ。

 

今後は、巻きの釣りで攻めると、メバル。

メバル

このあたりから、あちこちにベイトボールが見られ、魚の活性も上がってきた感じ。

 

ベイトで真っ赤な反応のど真ん中をフワフワさせていると、今度は、これまた小気味の良い引きで35cm程のイサキ。

イサキ

今日は、フワフワ系の軽めのアクションが良い感じ。

その後も、メバル、イサキ、ハマチとぼちぼち食ってくれます。

途中でジグにコサバが食ってきたのですが、それを回収している途中で、突然、ガツンという衝撃。
で、真鯛50cmくらい。

真鯛

ジギングだけど飲ませ釣りな感じで釣ってしまいました。

 

その後、同じラインを漕ぎ戻り、ジグのフォール中の違和感をあわせると、なかなかのトルクでキョウイチの真鯛60cm弱。(絞めてから写真撮ると白くなりますね)

気がつけば、クーラーがほぼ満タンなんで、11時には着岸。

今回は、コサバが入って、そこそこ活性があり、真鯛、青物、イサキ、メバルとスーパーライトの役者が揃い踏みでした。
久々に仲間とも漕げて、充実したカヤックフィッシングでした。

ロッド:ザルツZAT-ML66ML/S/メジャクラ
リール:13′ コンプレックスCI4+2500/シマノ 
ライン:PE 0.8号+12lbフロロ

ロッド:グラップラーBB S632/シマノ
リール:15′ ストラディック4000/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+20lbナイロン

ロッド:レッドフリップ RF622B-ML/テンリュウ 
リール:オシアカルカッタ200HG/シマノ 
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1号+12lbフロロ

 

 

コメント

  1. ちゃちゃも より:

    早朝お会いしたプロフィッシュの者です。今日は渋かったのかと思い着岸後ファブさんに聞くと「あの人めっちゃ釣ってたよ」と、そしてブログを拝見させていただいてビックリです。今度お会い出来たらこっそり後をついていきますね~

    • JUN より:

      どうもでした。
      無職で生活(食費)がかかっているので、気合が違います!(笑)
      なんて、たまたまです。釣りなんて、誰か釣れるか分かりませんからね。
      また、お会いしたら、よろしくお願いします。

  2. FAB より:

    久しぶりにご一緒出来て嬉しかったです。
    同じ海に出てるのに釣果が違いすぎ!やっぱりJUNさんは別格でした。
    今度は背後霊のように付いてまわり技術を盗みますんで(笑)

    • JUN より:

      こちらこそ、久々にお話しできまして、嬉しかったです。
      以前にFABさんがオススメしてくれたブレードチューンが今年は活躍しています。
      また、一緒に浮きましょう!

タイトルとURLをコピーしました