マイクロベイト・シラスパターンには新型ダイソージグ2020が利く

【今ならコルトUX在庫在り】20 CORTO(コルト) UX 20GORUS-572UL-HS
【今ならコルトUX在庫在り】20 CORTO(コルト) UX 20GORUS-612L-HS

こんにちは。

ほぼ毎日釣行のJUNです。
最新の釣果状況などは、Twitter(JUNのTwitter)で発信しています。

海況が良い日には相変わらずカヤックも浮かべています。

この秋のシーズン。
狙いは、ティップランでのアオリイカとキャスティングによるイナダやサゴシといった青物。

ティップランのアオリイカについては、カヤックやミニボートの方に釣り方をよく聞かれるので、また別にノウハウ的な記事を書きたいと思います。

今回は、新型ダイソージグ2020は、マイクロベイト・シラスパターンによく利くぜぇという話。

青物キャスティング

この時期のカヤックからの青物狙いは、ジギングではなく、キャスティングがメイン。

というのも、この地方では、水温低下と共にトウゴロイワシが接岸し、それを追って青物達が浅場に入ってくる。この魚達は、朝夕を中心にナブラを形成し、ショアからもナブラ打ちが可能になります。

カヤックからも同じようにナブラを打つわけですが、これがなかなか神出鬼没でして、うまくハマると射程圏内でばかりナブラが出て、よい釣りができのですが、これが逆に行くと、まぁ大変な訳です。

少し前にもナブラをひたすら追いかけて、カヤックで20km以上の距離を漕いだのですが、全く掛けられないという釣りになりました。

そんなことで、ナブラ打ちは楽しいゲームなんですが、アラフィフのおっさんには、体力的、精神的にもなかなか厳しい釣りであります。

先日の釣行では朝はアオリを数杯釣って、それから、凝りもせずに散髪的にでるナブラを追いかけた訳ですが、これまたかすりもせず、時間の経過とともにナブラも無くってしまいました。

ジギングを開始!

そこで、釣り方をジギングに変更。

まずは、安定のダイソーのジグベイトで釣りはじめます。

私は、しんどい釣りが苦手なので、アクションは、ゆったり目のワンピッチばかりです。

特にベイト反応もないので、実績のあるエリアでひたすらしゃくります。

そうすると、近くで釣っていた仲間が、ソマカツオを掛けました。そして、引き続き、サワラカッターでジグロストとのこと。

ヒットジグを聞くと、タングステンとのこと。

この時期のベイトは、5~7cmほどのトウゴロイワシがメインであるものの、更に小さい2~3cm程度のシラスも存在します。

釣った魚を捌いてみると、トウゴロイワシでなく、シラスを偏食している個体が多いのも事実。

新型ダイソージグ2020の登場

そこで、ジグをシルエットが小さい新型ダイソージグの18gに交換します。

これをワンピッチで躍らせていくと、ドスンと衝撃。

キャスティングで、ナブラの芯に入れて、食わせるのも面白いですが、突然訪れるジグの衝撃もまた楽しい。

イナダ

気持ちイイ引きで、イナダの50cm弱。

やはりジグシルエットの違いで食いが違います。

こういう場面では、新型ダイソージグが生きます。

同じようにワンピッチで探っていくと、再度、ヒット。

サゴシ

少し頼りない引きでサゴシ(小)。

 

次は、着底と同時にゴツンと衝撃。

そこそこの重量感とたまに良い突っ込みを見せます。

ヒラメ?マゴチ?

頭には、良い魚が浮かみますが、大型エソも多いエリアなんで、あまり期待せずにゆっくり上げてきます。

マゴチ

そして、ランディングしたのは、60cmに少し足りないマゴチでした。

その後も新型ダイソージグのワンピッチでイナダを2本追加して、納竿としました。

マイクロベイト・シラスパターンには新型ダイソージグ

新型ダイソージグは、シルエットが小さいというのが一番の特徴。

その特徴を生かしたマイクロベイト・シラスパターンには、やはりよく利きます。
個人的には、旧型のジグベイトへの信頼が一番高かったですが、これからは、新型ダイソージグもしっかりと使っていきたいと思います。

ダイソージグで使っている超簡単な自作アシストフックの作り方

自作管付きアシストフック(スーパーライトジギング)【60円で】
こんにちは。 40年間飽きもせずに釣りをしているJUNです。 「アシストフックって高いなぁ」 「自作したいけど難しそう、面倒そう」って思ってませんか? 今日は、誰でも作れる超簡単で安価な管付きアシストフックの自作方法について...

ダイソージグのコーティング

ダイソージグのウレタンコーティング【おすすめの方法】
安くて釣れるダイソージグの唯一とも言える欠点。 それは、塗装が弱いこと。 数回使うと、もう傷だらけです。 ショアジギで、岩礁混じりのボトムだと、1日の使用でボロボロになってしまうこともあります。 最新型は強化されているように...
ロッド:グラップラーBB S632/シマノ
リール:15′ ストラディック4000/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+16lbフロロ

コメント

  1. FAB より:

    こんにちは^^
    先週昼から浮いてみて、70弱のワラサと30~40のカツオでした。
    ダイソージグ28gのブレードチューンでタダ巻きです。
    カツオの腹の中はシラスでいっぱいでした。

    • JUN より:

      こんにちは。
      おーワラサですが。素晴らしい。
      この時期のワラササイズは貴重です。

      ブレードただ巻きもシラスパターンには有効ですね。
      私も早速、試してみます!

タイトルとURLをコピーしました