サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

レンタルボートでシオとオオモンハタ

いや~伊勢湾内は、青物祭りで大賑わいですね。ここまで湾内で青物が釣れているのは記憶ないです。私もちょいと参戦したのですが、アウェイの洗礼を受けてしまいました。なんか外海の青物と食いの質が異なる感じがしました。

で、もう11月なのですが、10月の頭にカヤックフィッシングへ行きましたが、シャローでのスーパーライトジギングはほぼ終わりな感じでして、アカハタがぽつぽつという状況でした。あ、レア魚としてイトヒキアジが釣れました。

 

さて、本題のレンタルボートです。
自分がホームページを作り始めた頃からのメンバー4人で出航。もう15年以上になるのかな。

ジギングというよりは、色々な釣りをするメンバーですので、事前にはエギングやろうか、いやエサでカワハギとキスをしようとか、テンヤ、ライトジギングでいこうとかワイワイやりとりしてましたが、最終的には直前の釣果を参考にしながらライトジギングとハタ類のキャスティングということで出航しました。

ポイントへの移動途中、ナブラ発見。
ジグをキャストしまして、私がイナダ2匹とソウダカツオ1匹を引き出しました。

次はオオモンハタ狙いのポイントへ。
仲間にそこそこの本命がヒットし、続けて私にもオオモンハタがヒットします。


アカハタが全般に多い海域ではあるのですが、やはりオオモンハタが多いポイントというのがあるようです。アカハタより更に潮通しが良い場所を好む感じでしょうか。

しばらくすると仲間になかなかの突っ込みの魚がヒット。ハタではなく青物っぽい。
徐々に寄せてくると45cmほどのシオです。

で、そこからシオとオウモンハタがぼちぼちのペースで食い出しました。
特にシオは1匹掛かると他の魚も活性が上がる状況で、連鎖でのヒットも頻発。

途中、やや変則的な引きで上がってきたのは、シオのダブルヒット。

オオモンハタは、最大でも40cmくらいのサイズでした。でも、これまでアカハタばかりでオオモンハタはなかなか釣れなかったので、嬉しかったです。

最終的に私はシオを全部で6匹。サイズは最大で47cmでした。これくらいのサイズになると、かなり引きも強く、私がスーパーライトで使っている「丸セイゴ針」では、ギリギリの感じでした。
オオモンハタはキープサイズ4匹。
他にも定番のアカハタや珍しいところではオコゼなんかも釣れまして、なかなか賑やかな釣果になりました。

オオモンハタはボトムでなくやや浮いているように聞きましたが、この日は、オオモンハタもシオもほぼボトム。着底すぐか2~3シャクリまでのヒットでした。
ジグは、4人共バラバラのタイプの使用でしたが、特にどれが釣れるということはなかったように思います。私も昔から持っているギャロップやゼッタイCZ-30などがヒットジグ。ただ、シオが友人のインチク(ソルティーベイト)に良く食っていたので、ジグにタイラバのラバーパーツを付けたものを試しまして、これでシオ、オオモンハタの最大魚をヒットさせました。

最近、私も自分で料理をするようになって、一通り刺身で食った後は、シオは漬け丼、オオモンハタはアクアパッサにしてみました。シオも旨い魚ですが、オオモンハタもかなり旨い魚ですね。アカハタより断然旨い。

さて、明日から3連休、1日くらいは、カヤックで浮かぶ予定です。

ロッド:グラップラーBB S632/シマノ
リール:15′ ストラディック4000/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+16lbフロロ 

 ロッド:レッドフリップ RF622B-ML/テンリュウ
リール:オシアカルカッタ200HG/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1号+12lbフロロ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました