サイトを再構築しました。今後もよろしくお願いします。令和元年9月8日

カヤックフィッシング カマスが消えた海で仲間と漕ぐ

梅雨が続きますね。

といっても、こちら志摩では、曇りが多く、短時間だけ強く降るような状況。
いよいよ来週の週間天気予報には晴れマークが見えますが。

さて、カヤックフィッシングです。

先週も2回浮いたのですが、1回目は相変わらずな無限カマス。


これまでと違い40cm級のアラハダカマスも混じってくるようになりました。


で、この連休初日に久々のカヤック仲間4台揃っての出撃。

浅場を探っていきますが、カマス君の反応が全くありません。
う~ん、あれほど沸いていたカマスが完全に姿を消してしまいました。

今日は、カマスカッター対策で、全てのタックルのリーダーを8号にしてきたのに、全く意味ありませ~ん。

海は、全体的に流木などの浮遊物が多く、やや水潮な感じ。
カマスは早々に諦め、ライトジギング。

30cm前後のアカハタがぽつぽつとヒットして、お土産を確保。

久々にウネリも小さく、ベタ凪な海況なため、これまで漕いたことのないエリアを調査。
基本的に砂底で、どこかに隠れた根でもないかなぁと魚探を睨みながら漕ぎ進めますが、本当にフラットな地形。

2kmくらい漕いで、やっとベイトが追われているような反応を発見。

ダイソージグのワンピッチで探っていくと、ゴツンとヒット。

引きからシオかなぁと思って寄せてくると、40cm弱のチャリコ大。

しかし、後が続かない。

そうしていると、ノマセ釣りでやっている仲間から60cmほどの青物ヒットのライン。
またまた2kmほどのんびりと漕ぎ戻りますが、時合は終わっている感じ。

ベイトの反応がある小さな根にジグをに打っていくと、ゴツンのヒット。

良型青物ヒットと思ったものの、物足りない引きの正体は、40cmのシオ。
戻りながら砂地でマゴチかヒラメと思って、ワームで探りますが、ノーヒットで終了。

友人達の釣果は、一人はメバル、ガシ、アカハタといった根魚中心の釣果、ノマセでやっていたもう一人はハマチとカンパチの60cm前後をキャッチ。もう一人は、小物だけで早期撤退という感じでした。
良型青物、特にカンパチが釣れていたのが印象的で、次回の釣行では、青物狙いのライトジギングもしっかりやってみようと思います。

ロッド:ザルツZAT-ML66ML/S/メジャクラ
リール:13′ コンプレックスCI4+2500/シマノ 
ライン:0.8号+8号フロロ

ロッド:グラップラーBB S632/シマノ
リール:15′ ストラディック4000/シマノ
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1.5号+8号フロロ 
ロッド:レッドフリップ RF622B-ML/テンリュウ 
リール:オシアカルカッタ200HG/シマノ 
ライン:ヨツアミJIGMAN X8 1号+8号フロロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました